読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳ミツバチのコンピュータ広報室

銀座の屋上菜園を耕しています。コンピュータ畑も耕します。

②構造体自体をポインタで扱う

スポンサーリンク

構造体をmallocして動的に確保したい。
こんなときも多いだろうがとりあえず書き方として

#include<stdio.h>
#include<stdlib.h>
#include<string.h>
#include "kouzoutai.h"

main()
{
	POINT *p_memallocate;
	p_memallocate=malloc(sizeof(struct p_kouzoutai));
	p_memallocate->a=strdup("testa");
	p_memallocate->b=strdup("testb");
	printf("%s\t%s\n",p_memallocate->a,p_memallocate->b);

}
結果
testa   testb

ここで->(アロー演算子)を使っているが別に使わなくてもよい。

#include<stdio.h>
#include<stdlib.h>
#include<string.h>
#include "kouzoutai.h"

main()
{
	POINT *p_memallocate;
	p_memallocate=malloc(sizeof(struct p_kouzoutai));
	(*p_memallocate).a=strdup("testa");
	(*p_memallocate).b=strdup("testb");
	printf("%s\t%s\n",p_memallocate->a,p_memallocate->b);

}

代入時だけ戻してみた。
こんなことも出来る。

#include<stdio.h>
#include<stdlib.h>
#include<string.h>
#include "kouzoutai.h"

main()
{
	POINT *p_memallocate;
	p_memallocate=malloc(sizeof(struct p_kouzoutai)*2);
	(p_memallocate+1)->a=strdup("testa");
	(*p_memallocate).b=strdup("testb");
	printf("%s\t%s\n",(p_memallocate+1)->a,p_memallocate->b);

}
結果
testa   teatb

ポインタの加算である。(mallocは二倍分取った)

*(p+1)はp[1]のようにも扱えたことより、配列のようにすることも出来る。

#include<stdio.h>
#include<stdlib.h>
#include<string.h>
#include "kouzoutai.h"

main()
{
	POINT *p_memallocate;
	p_memallocate=malloc(sizeof(struct p_kouzoutai)*3);
	p_memallocate[1].a=strdup("testa");
	(p_memallocate+1)->b=strdup("testb");
	printf("%s\t%s\n",p_memallocate[1].a,(p_memallocate+1)->b);

}
	
結果
testa  testb


ポインタ*(p+1)
構造体(p+1)->a
配列p[1]構造体p[1].a
もちろんポインタの構造体で(p+1)->aを(*(p+1)).aとも書ける。(普通書かないが)
ポインタと配列の関係が理解していればおのずと構造体の方もイメージできるはず。
後はこれらを組み合わせた応用である。

最後に構造体同士を比較することは出来ない。